BLOG

2018.12.17

「思いきって、休みました。」

Erika Konno

Director
Planner

はじめまして!

入社6年目、青森県出身、
ディレクターの金野恵利香です。

黒髪ロン毛で黒色の服がが多いです。

黒い塊すぎて、たまに自動ドアが開きません。
自動ドアは、黒に反応が悪いらしいです。
夜、作業終わりふらふらとコンビニへ行き、その現状が起こると、
とてつもなく謎の不安に襲われます。

つい最近、5日間休みをとり、弾丸でNYへ旅行に行ってきました。
同期の仲良しディレクター押川と。
こんなに遠くに行くプライベートの海外旅行は、恥ずかしながら初めてでした。

なぜNYかと言いますと、世界的な都会ってどんな感じなんだろうっていう、
そんなちっぽけな理由です。

それでもって、がっつり観光しました。
ベタな観光地を周り、次にミュージカルや美術館をみて、それからショッピングをして...と
正味3日弱しかなく、めちゃくちゃタイトなスケジュールを組んでいたので、
1日でいろんな場所で、がんばって撮りきらなきゃいけないロケぐらいの疲労感が。。笑

でも、行ってよかったなと思いました。
文化や芸術に触れることができたのはもちろんのこと、
「漠然と描いていたあの都会なNYって、実はこんな感じなんだ」と空気に触れることができたからです。

なんというか、分かりづらいかもですが
NYの有名なあれこれが目の前にあって、体験できていることの優越感、
物理的にもっと広いイメージだったのですが、思ったより狭いなーという印象、
とっつきにくかったものを、急に身近に感じてしまったというか
そんな事実に、ちょっと安心してしまったという感じ!です!

帰りの飛行機で考えたのですが、
その感覚って青森から東京に上京してきた時とちょっと似ているなと思いました。
青森にいた当時、東京のハードルってかなり高くて、
でも実際に住んで働いてみるとそういう気持ちは徐々に薄れてきて、、

たまにふと、昔の憧れというか雲の上だったワード
「麻布十番」「六本木」「表参道」などなどで働いていることを自覚すると、
すごいことなんだなってしみじみ思ったり、
なぜか最後の最後に、そんなことを考えてしまった旅行になりました。

普通の海外旅行の話になってしまいすいません。
ただ、リフレッシュできたことですし、色々いい刺激になったことは間違いないので、
より一層、お仕事がんばろうと思います!

次はいつもお世話になってます、
CD&コピーライターの松井一紘さんです。
全力でよろしくお願いいたします!